スポンサーリンク




【口コミあり】MSコンサルの中間決算の質疑応答資料より今期の予想をしてみました。

スポンサーリンク







2018年11月20日付けで発表されている6555MSコンサル2019年の第2四半期の説明会資料に記載されている興味深い記述を見つけました。

2019年3月期第2四半期決算説明会 質疑応答 (743KB)

つまり前期(2018年3月期)通期は売上の33%、営業利益の70%を第4四半期で稼いでいるというのです。

ではMSコンサルの今期の予想に当てはめてみましょう。

2019年3月期 第2四半期決算短信〔IFRS〕(連結) (571KB)

第4四半期のみの予想
売上高予想 2,988 986
営業利益予想 608 425
EPS 87.46 55

第三四半期はどうか?

売上高の23.7%、営業利益は16.8% を稼いでいます。

2018年度3月期決算における3Qの通期における割合

第3四半期のみの予想
売上高予想 2,988 708
営業利益予想 608 102
EPS 87.46 13

通期の上方修正の可能性はどうか?

これで通期の決算を予想してみます。と会社予想より若干下振れた予想となりました、順調にいけば会社予想通りで修正ナシで着地するのではないでしょうか?

会社予想 独自予想 差異
売上高 2,988 2,955 △33
営業利益 608 638 +30
EPS 87.46 82 △5.46
PER(株価1209円) 13.8 14.6

 

第2四半期決算で分かったこと

〇通期は予想通りで着地の可能性が高い。

〇下方修正懸念は和らいだ。

〇一部上場の期待買いが見込まれる。

〇株価は一旦底を探った後で上昇基調になりやすい

×決算時に「分割」「優待」などサプライズがないと売られる可能性

×機関投資家の空売り

×信用買い残が重い

6555MSコンサルの口コミ

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA