スポンサーリンク




4920 日本色材は爆謄寸前!?新工場設立と株式分割が意味するものとは?

スポンサーリンク







(かぶとみ)
Youtubeでも解説しています。

↓Youtube説明動画

 

4920日本色材の企業分析をしました。

 

こちらに気になったツイートを掲載します。

4920 日本色材の銘柄分析

1月11日に日本色材の第3四半期決算単身が発表されています。

この中で気になった部分はこちらです。

  • 新工場が2020年1月に稼働、供給体制が1.5倍に
  • 化粧品市場は2500億円規模で現在CGCR6%程度の成長
  • 株式分割(同社はジャズダック市場銘柄)
  • 大和投信の買い増し報告
  • インバウンド好調で今後の伸びしろがある(中国・アジア)

 

同社の中期経営計画によれば2021年に売り上げ150億を目指していると明記されています。これは前期の103億からすると約1.5倍程度の水準で、この通りに実行されれば現在のPERは7台ですので株価がこのままだとすればPER5くらいの水準になることになり割安だと言えるのではないでしょうか?

新工場の供給能力は現行の1.5倍になるとのことで、売り上げ目標の根拠はこのイン工場の稼働を中核としています。

足もとの環境では国内の化粧品市場は6%前後の緩やかな成長が続いており、、現在は中国や東南アジアからの需要が多く、国内大手化粧品メーカーも安定供給先の確保として同社のOEMへの受託が増えています。

国内に工場がありますので「Made In Japan」ブランドで出荷できることが強みになっているようです。

そして大和投信委託の買い増し報告が出ていることもポジティブなポイントかと思います。

将来的には以下のような状況になれば株価は上がるのではないでしょうか?

  • 売り上げ1.5増で株価も50%超の伸びしろあり
  • 東証蔵替えも意識され始めている
  • 新工場稼働によるさらなる大手化粧品メーカーからの受注拡大期待
  • 株価指標の水準訂正

日本色材の口コミ

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA